Eriko Tatsuno (龍野恵里子)

1979年10月生まれ
東京生まれ・東京育ち
米国に5年間滞在(ボストン・NYC)
2015年2月より小豆島にセミ移住

法政大学法学部卒
Berklee College of Music卒

HypnoBirthing® Institute公認
ヒプノバーシング プラクティショナー

※向かって左:Eriko
右:Mickey

こんにちは。

HypnoBirthing Institute公認プラクティショナー*、 Erikoです。

お陰さまでヒプノバーシング講師歴7年目に入り、400組におよぶママ・パパ・赤ちゃんの出産準備のお手伝いをさせていただいております。

東京⇄小豆島にセミ移住、島生活にチャレンジ中です。

*****
『おだやか』で『心地よい』お産なんて!?
信じられない方も多いのではないでしょうか?

実はほとんどの女性は『やさしく、穏やかに、心地よく』素晴らしい出産をする能力を潜在的に持っています。

残念ながら、近年多く知られている痛くて苦しい出産は、ストレスや不安や恐れといったメンタル状態や妊娠&出産を取り巻く社会的状況等が引き金となり、その素晴らしいお産のための潜在能力を十分に発揮できないことから生じています。

やさしく穏やかなお産は、お母さんだけでなく、赤ちゃんへの負担も少なく、双方にメリットがあります。

27年の歴史があり、世界48カ国で親しまれているHypnoBirthing®の熟考されたプログラムで、あなたの内にある出産のための潜在能力を十分に引き出す方法を学び、素晴らしい出産を体験してみませんか?

毎月、説明会&おしゃべりサロン(無料相談会)を実施しております。お気軽にご参加くださいね。

LinkIconお気軽にお問い合わせください☆

『私がヒプノバーシングプラクティショナーになった理由(わけ)』も是非お読み下さい☆(プロフィールの次にあります。)




毎年行われるヒプノバーシングのコンフェレンス会場にて。

2014年はラスベガスにて開催されました。

世界初のヒプノバーシングマムであるマウラさん(ミッキーの娘さん)(向かって左)

世界初のヒプノバーシングベビーであるカイルくん(ミッキーのお孫さん)(真ん中)

と一緒に。とってもハートフルなお二人です☆


September 2014




キャサリン妃がヒプノバーシングで出産準備を行ったことから、7つのTV番組に取材&ご紹介いただきました。

フジテレビ『とくダネ!』(2013.6.21.)
フジテレビ『ノンストップ!』(2013.6.19.)
フジテレビ『アゲるテレビ』(2013.7.11.)
フジテレビ『めざましテレビ』(2013.7.13.)
テレビ朝日『モーニングバード』(2013.7.16.)
日本テレビ『スッキリ!』(2013.7.16.)
読売テレビ『ミヤネ屋』(2013.7.19.)

June 2013



HypnoBirthing®創始者Marie•F•Mongan氏、通称ミッキーと。



毎年行われるヒプノバーシングのコンフェレンス会場にて



2012年はアリゾナ州フェニックスにて開催されました。



ミッキーは、日本におけるヒプノバーシングを全面的に応援してくれています。

October 2012

LinkIconHypnoBirthing Institute



シンガポールで行われたファーティリティー コンサルタント(導妊セラピー)の講師、Sherry Guilbert氏(わんちゃんを抱っこしています。)とクラスメイトと。

シェリーはファーティリティー コンサルタントの第一人者でもあり、10年以上不妊問題と関わり、クライアントさんの95%以上を妊娠へと導いてきました。

June 2011

導妊セラピーLinkIcon



さくらキッズガーデン(さくら幼稚園)主催のプレママ&0歳児ママのためのセミナー風景。

講師の一人として、同プロジェクトに携わっています。

胎児期&0歳児期は本当に大切です。
それをより沢山のママ達に知っていただくためのセミナーです。
(2012年より毎年開催している人気セミナーです。告知後直に満席になりますので、興味をお持ちの方はお申し込みはお早めに!)

December 2012
『いっしょにママになろう』LinkIcon



記念すべき、日本で初めてのヒプノバーシングMOMの会☆

既にヒプノバーシングでお産をされたママと、ヒプノバーシングで準備中のママの交流会です。


September 2012




龍野恵里子(Eriko Tatsuno)プロフィール
法政大学法学部法律学科卒業。
バークリー音楽大学現代作編曲科卒業。
HypnoBirthing® Institute公認 ヒプノバーシング プラクティショナー
全米催眠士協会(NGH)公認 ヒプノセラピスト
全米ヨガアライアンス公認サムヤックヨガ認定ヨガティーチャー
ラフターヨガリーダー
2009年マサチューセッツ州、マルボローにて行われた米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)全国大会にて、インターナショナルセラピストの、 注目される若手インターナショナルヒプノセラピストの一人としてインタビューを受ける※『ザ ジャーナル オブ ヒプノティズムの2010年12月号に、インタビューの記事が掲載されています。
また、同全国大会にて、ヒプノバーシング®(Hypnobirthing®)の創始者、マリー • モンガン氏のクラスを受講し、目から鱗が落ちるほど、真の出産の意味とそのあり方に深く感動し、HypnoBirthing®を日本の妊婦さんに届けることを決意し、米国ヒプノバーシング協会(HypnoBirthing® Institute) にてヒプノバーシング(催眠出産法)を学び、2010年4月、公認プラクティショナーとなる。以来、現在にいたるまで、米国本部と提携し日本におけるヒプノバーシングの普及に尽力している。
2013年6月、英国キャサリン妃がヒプノバーシングで出産準備を行ったことから日本でもヒプノバーシングが注目を厚め、7つの番組から取材を受け、その後も雑誌『たまごクラブ』・『美ST』、ウェブニュース等コンスタントに掲載されている。
東京都大田区にて、 ヒプノセラピーサロン『ヒプノドコロ』を運営。
2010年よりヒプノバーシング プラクティショナーとして、妊婦さんとそのパートナーにHypnoBirthing®の出産準備プログラムを教えている。
  • 2015年2月、パートナーと共に小豆島に移住。
※ヒプノバーシング ジャパンは米国ヒプノバーシングインスティテュートと公式に提携し、『HypnoBirthing®The Mongan Method』の日本における質の維持、向上及び普及に携わっています。
※『ザ ジャーナル オブ ヒプノティズムの2010年12月号に、インタビューの記事が掲載されています。
ヒプノバーシング プラクティショナーになった理由(ショートストーリー)
ここで、私と『HypnoBirthing®』との出会いをご紹介いたしましょう。
実は私自身『HypnoBirthing®』という存在を知ってすぐ、その魅力に気付いたわけではありません。
NYでヒプノセラピーを学んでいた際、先生として親身になってヒプノセラピーのノウハウを教えてくれたモーリンがヒプノバーシングプラクティショナーであることはずっと知っていました。
ところが、私は当初全く興味がありませんでした。
というのも、ヒプノセラピーというのは、ヒプノシス(催眠)を使ってセラピーを行うわけですが、この催眠といのは本当に万能で、精神的な麻酔として使えることを知っていたからです。
「ヒプノバーシングって、ようは出産の時に精神的に麻酔がかかったように催眠をかけて、結果痛くない出産ができるってことでしょ。」と勝手に間違った解釈をしていたのです。
NGHのコンベンションに向かう道中、モーリンと、マークの車の後部座席に揺られていると、ヒプノバーシングの話題が上がりました。
私は、「ヒプノシス(催眠)は、麻酔のように出産の陣痛も無くしてしまえるなんて、やっぱり凄い。」と、トンチンカンなことを言いました。
すると、モーリンは、
「エリコ、何を言っているの?出産っていうのは、元々痛くないものなのよ。」
と言うのです。
私は驚いて、
「え?それはどういう事?出産って痛くて苦しいものでしょ?」
と聞き返しました。
すると、モーリンは、
「それこそが思い込みなのよ。その思い込みがなくなれば、本来の姿に戻ることができるのよ。本来の出産は痛くないのよ。女性の体は素晴らしくつくられているの。」
と言いました。
私は、まだモーリンの言葉が信じられず、
「ヒプノバーシングって、ヒプノシス(催眠)を精神的麻酔として出産に使って痛くなくするってことじゃないの?」
と聞き返しました。
モーリンは、はあっ...とため息をついて言いました。
「あなた、動物が苦しんで叫びながら出産しているところを見た事がある?」
私は、実際に見た猫やイヌの出産、そしてテレビで見た様々な動物の出産を思い出しながら、自分が今までどんなに大切なことに気付いていなかったか、ということをジワジワと認識し始めました。
「まさか!?出産が痛いっていうのは、私たちが痛いって思っているから痛くなってしまっているってこと??そんなバカな?」
私は自分の心の中のざわめきを隠せませんでした。
モーリンは、フフフと笑いながら、
「エリコがどうして今までヒプノバーシングに興味を持たなかったのかが、今やっとわかったわ。丁度よかった。今から行くコンベンションでヒプノバーシングの創始者、マリー•モンガンのショートクラスもあるから、参加したら?」
と提案してくれたのです。
モーリンの助言に助けられ、ヒプノバーシング創始者のマリー•モンガンのショートクラスを受講した私からは、目からボロっともの凄く大きな鱗が落ちたようでした。
『出産』というものを『痛くて辛い』とネガティブに捉えて来た私は、『出産』は100%ポジティブなものであるということに衝撃を受けました。
ショートクラスの最後に見た穏やかで笑顔に満ちた実際の出産の映像は、私を納得させるのに十分すぎる説得力を持っていました。
そして、丁度その10年ほど前に、法政大学在学中、田嶋陽子教授のもとで夢中になって学んでいた『女性学(フェミニズム)』とピピっと繋がり、私の中で10年間解決されることのなかった謎が溶けたのでした。
これに気付いて以来、それまでは痛くて辛かった生理痛とも縁を切る事ができました。縁を切るどころか、一ヶ月の自分を癒し、休める、デトックス期間として生理を有効的に利用することで、美容や健康にも活かしています。
更に、月経血をコントロールし、ナプキン&タンポンとも縁を切ることができたので生理時特有の下半身の不快感もありません。(パンティーライナーで十分!)
女性の生理にネガティブな要素など、本来はないのです。本当は、私たち女性は毎月月経があって、ラッキーなのです。一ヶ月に一度のデトックスのチャンス!
月経も含め、妊娠や出産、といった女性特有の生理を私たちの近代文明は否定的に捉える傾向があります。
初潮が来るとお赤飯を炊いたりする風習が残っているので、昔はもっと肯定的に捉えていたはずですが、今は違います。
毎月の月経を喜ぶ人は少ないでしょう。
それどころか、月経なんてめんどくさい、なんか汚い、痛くて辛い、等ネガティブだらけです。
妊娠は、赤ちゃんが出来た!と喜ぶものの、出産はやはり、痛くて辛い、怖い、超えなくてはいけない試練等、やはりネガティブです。
女性として生まれてきているのに、普通の女性の普通の生理現象を肯定的にではなく、否定的にしか捉えることのできない文化というのは、とても残念ですよね。
ですが、月経も出産もポジティブで、女性を豊かにするためのものだとしたら、どうでしょう?
女性としての生理現象が全て素晴らしいものだとしたら、どうでしょう?
話は全く違ってくるのです。
「そうか!本当の出産の姿は隠されていたんだ!だから、理解することができなかったんだ!」
「出産は、やさしく穏やかにできる。自然の叡智と交わることのできる素晴らしい崇高な能力なんだ。だから、隠されていたんだ。」
女性が抑圧されてきた本当の理由は何なのか?10年間悶々としていた問いに、答えを返すことができた私の気持は、中々文章では現せませんが、とにかくもの凄いブレイクスルーだったのです。
自分も必ず優しく穏やかで心地の良い出産をしよう!と心に誓いました。それと共に、自分の中に深く眠っていた赤ちゃんの時の記憶が、「私もヒプノバーシングで生まれて来る赤ちゃんのように、愛に包まれてゆったりと生まれて、生まれた後もずっとお母さんの胸の中で抱かれていたかった」と感じていることにも気付きました。
私の母のお産は医療介入のない経膣分娩でしたから、強烈なバーストラウマがあったわけでは無いですが、それでも、やはり、悲しかったり、寂しかったり、苦しかった感覚を思い出しました。
この世界に新しく生まれてくる赤ちゃんのためにも、やさしく穏やかで愛に満ちた出産が必要であると、強く感じた瞬間でした。
以上が、私がHypnoBirthing®と出会い、ヒプノバーシングプラクティショナーとなるまでのストーリです。2010年よりヒプノバーシングプラクティショナーとして活動を始め、沢山の妊婦さん&パートナーをサポートさせていただきました。全ての女性が素晴らしい出産ができる世の中になるように、皆様を心から応援し、サポートできる存在であれるよう、日々努めてまいります。

☆説明会&相談会実施中☆

説明会: 8月19日(土)18:30〜


相談会: 8月17日(木)16:00〜

詳しくはこちらLinkIcon

お問い合わせ・ご予約

お気軽にお問い合わせ・ご予約下さい。(留守番電話に繋がる場合は、ご用件の詳細を残して下さい。折り返しのお電話が直にできない場合がございます。また、メールのご返信には2〜3日いただく場合がございますのでご了承願います。

☎080-4150-2539

お問い合わせフォームはこちらLinkIcon

LinkIconお問い合わせメールを送る

LinkIconご予約メールを送る

サロン紹介

ヒプノバーシング ジャパン(Hypnodocoro内)
東京都大田区東雪谷1−33−7 2F
東急池上線 洗足池駅より徒歩7分
東急目黒線・大井町線 大岡山駅より徒歩22分
無料駐車スペース有り(2台まで)

詳しくはこちらLinkIcon

LinkIcon問い合わせメールを送る

リンク

ヒプノバーシングアメリカ本部ヒプノバーシングインスティテュートのホームページです。
LinkIconHypnoBirthing®Institute